点検・整備の内容 4

文章が入ります。

BLOG / お知らせ

点検・整備の内容 4

POSTED ON・2019年5月16日 / CATEGORY・整備


今回は、ファンベルトの点検内容を紹介します。

ファンベルトとは、エンジンの動力を発電機やエアコン・パワステのポンプなどに

伝達しているゴム製のベルトです。

ゴムで出来ている為、使用しているうちに劣化・ひび割れ・伸びなどが発生してしまいます。

ベルトが滑り始めると、異音(シュ シュ シュ or キー キー キーなどの音)が出たり

ハンドルが重くなったりします。

何より、みんなが振り返るほどの大きな音がしてハズかし~!

ファンベルトは、適切な交換もしくは調整が必要です。

左側が、新品のファンベルトで、右側が、古くなったファンベルトです。

よく見ると、古いベルトには、細かくヒビが入っています。もう、交換時期ですね。

画像のエンジンは最近多く使われている長い一本のベルトを使い、発電機・パワステポンプ・

エアコンなど動かし、ベルトの調整をスプリングの力で自動で行っているエンジンです。

絶えずスプリングにより、ベルトを張っているので、ベルトが伸びても調整はいりません。

この画像は、一般的なベルトで、定期的に交換・調整が必要で、調整用のプーリーを動かして、

適切な張り具合にします。これは、強すぎても弱すぎても駄目なのでプロに、お任せください。

画像は、パワステベルトですが、他に、ファンベルト(発電機用)とパワーステアリングベルトの

三本を、使用していますので、そのベルトごとに交換・調整が必要になります。

ちなみにこれは、

ミツビシのV6エンジンのファンベルト(発電機用ベルト)の調整プーリーですが、

これは、コツが有りまして、知らないで交換・調整するとベルトがエンジン回転中に、

外れてしまう事があるので、やはり、プライベートのベルト交換作業はおやめになって

ベルト交換は、くるま屋に任せてください!

シマムラオート 整備の関根でした。

おしまい。

 

© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.