点検・整備の内容 2

文章が入ります。

BLOG / お知らせ

点検・整備の内容 2

POSTED ON・2019年4月26日 / CATEGORY・整備


整備の関根です。

今回も、ブレーキ点検の内容です。
前回はディスクブレーキの点検方法を、紹介させて頂いたので、
今回はリアブレーキに多く使われている、ドラムブレーキの、
点検方法を紹介させて頂きます。

ドラムブレーキです。

これを、バラバラにして点検して行きます。

まずは、ブレーキシリンダーを点検します。

ブレーキシリンダーです。

これも、分解していきます

ブレーキシリンダーの中身のピストンです。

これは、かなり汚れが酷い状態で、固着寸前でした。

本来なら、シリンダーごと交換した方がいいのですが、

今回は、諸事情により、清掃で対応します。

紙ヤスリでシリンダーとピストンを軽く磨き、ゴムパーツ(カップ&ブーツ)を、交換します。

後は、分解したドラムブレーキの、ブレーキ シュー(ディスクブレーキのパッドにあたるパーツ)に

鳴き防止の面取りと、グリスを塗って組み上げていきます。

後、ブレーキのすき間やサイドブレーキ引きしろを、確認・調整して完了です。

ドラムブレーキは、車種によって構造が、かなり違うので大変です。

 

ブレーキは、とても重要な部分です、シッカリ整備しておきたい所ですね。

 

 

© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.