Blog

埼玉で421Tueなら当社をお選びください

BLOG 全記事一覧

点検・整備の内容 4

POSTED ON・2019年5月16日 / CATEGORY・整備

今回は、ファンベルトの点検内容を紹介します。

ファンベルトとは、エンジンの動力を発電機やエアコン・パワステのポンプなどに

伝達しているゴム製のベルトです。

ゴムで出来ている為、使用しているうちに劣化・ひび割れ・伸びなどが発生してしまいます。

ベルトが滑り始めると、異音(シュ シュ シュ or キー キー キーなどの音)が出たり

ハンドルが重くなったりします。

何より、みんなが振り返るほどの大きな音がしてハズかし~!

ファンベルトは、適切な交換もしくは調整が必要です。

左側が、新品のファンベルトで、右側が、古くなったファンベルトです。

よく見ると、古いベルトには、細かくヒビが入っています。もう、交換時期ですね。

画像のエンジンは最近多く使われている長い一本のベルトを使い、発電機・パワステポンプ・

エアコンなど動かし、ベルトの調整をスプリングの力で自動で行っているエンジンです。

絶えずスプリングにより、ベルトを張っているので、ベルトが伸びても調整はいりません。

この画像は、一般的なベルトで、定期的に交換・調整が必要で、調整用のプーリーを動かして、

適切な張り具合にします。これは、強すぎても弱すぎても駄目なのでプロに、お任せください。

画像は、パワステベルトですが、他に、ファンベルト(発電機用)とパワーステアリングベルトの

三本を、使用していますので、そのベルトごとに交換・調整が必要になります。

ちなみにこれは、

ミツビシのV6エンジンのファンベルト(発電機用ベルト)の調整プーリーですが、

これは、コツが有りまして、知らないで交換・調整するとベルトがエンジン回転中に、

外れてしまう事があるので、やはり、プライベートのベルト交換作業はおやめになって

ベルト交換は、くるま屋に任せてください!

シマムラオート 整備の関根でした。

おしまい。

 


点検・整備の内容 3

POSTED ON・2019年5月11日 / CATEGORY・整備

こんにちは、整備の関根です。

今回も、ブレーキ系の点検内容の紹介です。

ブレーキキャリパー&ドラムブレーキの整備が出来ましたら、

ブレーキフルードの交換を行います。

クルマのブレーキは、ブレーキペダルを踏んだ力をこのブレーキフルードの油圧で、キャリパーやドラムブレーキに力を伝えている、大切なフルード(オイル)です。

このフルード!弱点がありまして、空気中の湿気を吸収して、性能が劣化していまい、フルードの中に気泡が出来やすくなり、ペダルの踏んだ感じが甘くなったりブレーキの効きも悪くなったりします。

なので!

定期的な交換が必要になります。

交換方法

ブレーキマスターシリンダー(踏力を油圧に変えてる部品)にフルードタンクが有るので、新しいフルードをセットします。

そして、二人一組でブレーキペダルを踏む者と、ブレーキから古いフルードを抜く者でフルード交換を行っていきます。

最近では、機械で圧力かけて交換する物もありますが、

これは、昔ながらの交換方法。

ブレーキフルードを抜く場所は、フロント2ヵ所・リア2ヵ所の

計  4ヵ所あり、全ヶ所順番に作業していきます。

最後にタンク内のフルードを規定量に合わせてフルード交換完了です。

ブレーキフルードは2年間で、結構劣化しています。ぜひ、車検時には交換しておきたいフルード(オイル)ですね。

これ以外にも、ブレーキフルードの漏れやブレーキホース異常なども、

点検整備の内容です。

 

 

フルードって?作動液のことで、主成分がアルコールの為

オイルではなくフルードって呼ぶらしいです!


ようこそ、令和

POSTED ON・2019年5月5日 / CATEGORY・整備

新しい元号を笑顔で迎え入れましょう。

さようなら平成、ようこそ令和!

 

令和、初の投稿です。

今回は、N BOXカスタムのナビ取り付けのワンポイントです。

ナビ取り付けで、ピラーのパネルを外しますが、

カスタムは、サイドエアバック装着の為、コツがいります。

(オプションでサイドエアバックを付けたN BOXも同じです)

矢印の所に、特殊なクリップを使っているので、ただ引っ張っても取れません!

ここを、外すときは、矢印の所を

強く  叩く!

これで、簡単に外せます。

これが、クリップ

この状態が、クルマに付いている状態で、黒い部分が、

引っかかり、外れ無いようにロック状態になっています。

下のクリップが、ロック解除の状態です。

矢印の所を、叩いて黒い部分を内側にずらして、ロック解除の状態にします。

黒い部分の爪が、引っ込むので、スーと抜けます。

組み上げる時は、上のクリップの状態にしておきます。

黒い部分が、先端にある時も爪が、引っ込むので簡単に差し込めます。

優しくパネルを組まないと、黒い部分がすぐ動いてしまうので、

慎重に!

整備の関根でした。


超ゴールデンウィーク☆

POSTED ON・2019年4月27日 / CATEGORY・未分類

皆様 お世話になっております。

今年のゴールデンウィークは10連休みたいですね(驚)

当店のお休みは、誠に勝手ながら 4/29(月)~5/3(金)の間となります

土日は通常営業となりますので何卒宜しくお願い致します。

せっかくの長期連休となりますので、たくさんたくさん車に乗って

楽しい思い出を作っていただきたいと思います。


点検・整備の内容 2

POSTED ON・2019年4月26日 / CATEGORY・整備

整備の関根です。

今回も、ブレーキ点検の内容です。
前回はディスクブレーキの点検方法を、紹介させて頂いたので、
今回はリアブレーキに多く使われている、ドラムブレーキの、
点検方法を紹介させて頂きます。

ドラムブレーキです。

これを、バラバラにして点検して行きます。

まずは、ブレーキシリンダーを点検します。

ブレーキシリンダーです。

これも、分解していきます

ブレーキシリンダーの中身のピストンです。

これは、かなり汚れが酷い状態で、固着寸前でした。

本来なら、シリンダーごと交換した方がいいのですが、

今回は、諸事情により、清掃で対応します。

紙ヤスリでシリンダーとピストンを軽く磨き、ゴムパーツ(カップ&ブーツ)を、交換します。

後は、分解したドラムブレーキの、ブレーキ シュー(ディスクブレーキのパッドにあたるパーツ)に

鳴き防止の面取りと、グリスを塗って組み上げていきます。

後、ブレーキのすき間やサイドブレーキ引きしろを、確認・調整して完了です。

ドラムブレーキは、車種によって構造が、かなり違うので大変です。

 

ブレーキは、とても重要な部分です、シッカリ整備しておきたい所ですね。

 

 


© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.